2017/03/12, 13

20170313

03/12 18:30-23:00 晴れ 無風
某サイト管理人と出撃。それぞれにポイントに車を走らせて
いざ開始したものの・・・風はまったくの無風、そしてアタリハズレの多い大潮。
クランク→バイブレ→スコーン→ノーシンカーまでやったけど
「まったくカスリもしません!」
開始早々の弱い風が出たときに勝負かけるべきだったなー・・

春と言えども、無風・晴天はかなりキツかったです。

03/13 19:00-21:00 雨 無風
小雨が降っていたので、昨日のリベンジとばかり出撃してみた。
風がないのはわかっていたので、対策もちょっと考えてバイブレ中心でやってみようと思っていました。
バイブレ中心と言うことでポイントも変更して、あっちこっちと歩きながらもポイントを探る。
フルキャストして、底の感じが明らかに感触が違うところを見つけた。
ただ引き→リフト&フォール→スローロール・・・アタリがないので
なかなか信じて貰えないバイブレの放置!1分くらいスティさせて、ジャークさせてからのスティ。
アクション変えてから、3投目で「コン!」と当たった。
ラインが走って、素早く巻き取りながらも大きく合わせると
ゴンゴン首振ります。かなりの重量感で、なんとか取り込み・・・
来た3kgオーバーフィッシュ(^^)/

IMG_0763

この後も同サイズを同じようなアクションでかけるも痛恨のミスをしてしまってバラシ。
このバラシの後で魚が散ってしまったのか、アタリがなくなって終了しました。
フックを曲げられたので、次回からはスペアフックかルアーを持っていかなくては・・・
upは今年3本目・・・去年と比べるとかなりゆったりペースですね(^^;

2017/03/03

気温:7->3℃ 風:西3m
体調不良で帰宅したものの・・ちょっとだけ気分が良くなったので少しだけ出撃。
現場到着すると良い感じに風が吹いてる。

ガコ!と当たって、ミッション完了!
クランク以外に色々投げたけど、そのあとは何にもなし・・・
たまたまの1匹だったみたいです。

ロクには足りず59cm/3230g
これでしばらくはクランクばっかり投げなくて済みそう(笑)

20170303 - 2

20170303 - 1

2017/02/17, 19

20170217

風:北西の2, 3m 気温:10℃ 19:00~23:00
バレンタイン後の暖かい2日目。しかも小雨状態だったので、
これは行っておかないと!ってことで出撃してきました。
一応は今年の目標の「2月に東岸で1匹釣る!」のために東岸へ。
最近作った自作クランクの実釣テストをしたかったので、
自作クランクをロッドにぶらさげていざ釣り開始。

普段は撃たない角度からテストも兼ねてゆっくりとクランクを巻いていきます。
岩に当たって回避してるのを確認しながらの3投目・・・・
グーっと重くなって、ウィード??と思ってリールを早めに巻くと動きだしたっ
ここで初めてあわせをくれて、ばらさないように丁寧にやり取り。

IMG_0687

スマホを落とさないように細心の注意を払いながらも・・写真を撮りました(笑)
44、45くらいの魚でした。テール一本やばかった~
気分を良くして、ちょっと沖目にキャスト。
グリグリと巻いて、ウィードの上をゆっくり通すと「コツ」っと当たって
一気に走り出しました。
これも丁寧にやり取りしてたんですけど、何度目かの反転で口切れしちゃいました(> <;

テンションがかなり落ちましたが、気を取り直して岩にゆっくりコンタクトさせると
グーンと重くなってさきほど釣れたようなサイズ・・・
移動しながらも、際より少し沖を撃っていって更に2本追加。
サイズは似た感じの40前半~45,6くらい。

悪い癖が出て、少々飽きてきたので帰ろうか迷ってる間に
ピックアップ寸前でドーンと来ました!
これはバラせない・・・っと思って、ラインを出さずにロッドを左右にいなしながらも
なんとか口を掴みました。

IMG_0688

去年と比べるとかなり遅いんですが、なんとか50ジャスト・・・・
自前のクランクで釣れたので個人的には60くらいの達成感っ\(^^)/

その後は一旦休憩して、他のルアーの反応はどうだろ?ってことで
sbrのボトムバンピング・・・チョンチョンを飛ばして、スティっとさせてたら
コンと当たってからラインがするする~っと・・・やっぱりサイズは40ちょい
sbrで3本目の魚でした。自分の釣り方だと最初から登場することは少ないですが
フォローにはかなり効きますね~

その後は去年から目を付けてたS.K.Tって言うラッキークラフトのでかいクランク!
今日の状況だったらもうちょっとサイズアップ出来るかも?っと思って
テンポ良く探っていくと・・・グーンと重くなって40後半!
やっぱりサイズアップは無理でしたー(笑)
完成を待ってるハンドメイドが気になったので、ここで終了とあいなりました。

2/19 21:00-23:00 風:無風 気温:3℃
別口のクランクが完成したので、またまたテスト釣行。
リップを2mmから3mmに変更したのでバランス確認のテスト。
あとは冬に逆戻りしてるかの確認。

クランクのバランス確認は・・・リップを厚くしたことでほとんどサスペンドに近い
浮力になってしまっている。これから水温が高くなるとサスペンドかスローシンキング
になる可能性が高そう。このルアーはペンディングして、もう少し暖かくなってから
再テストしてみることにします。

クランクのテスト後にバイトがないので、やっぱり冬に逆戻りしてる?っと・・・
サスペンドミノーを投げてみる。丁寧にさぐっていくと
「コッ・・・」
食え食えっと念じながら待ちましたが、そのまま離した模様。
やっぱり冬に戻ったか~
あと1週間もすると一気に釣り人が増えるので、ちょっと別の場所も確認しておかないとですね・・・今年は折りたたみ自転車で行けそうなマイナー場所を廻るつもりです!

2017/01/10

昨日は散々な目に遭いながらもまたまた出撃

20170110
風:西2-3m? 気温:9℃ 19:30-21:30

ネコソギのフロートを入念にチェックしてから開始!
ヒットポイントのキワに何投か投げるけど、魚の反応は全く無し。この場所は比較的勝負が早いんで、これはノーバイトも覚悟かなっと想像。。。
フォローにデス8を投げたけど、やっぱり反応はない。
扇状に投げながらもウィードの状態を確認してみた。去年よりはウィードが残っていてタイミングが合えば釣れる感じがする。ちなみに去年はすってんてんで何も残ってなかったです(^^;

若干休ませてミノーを投入。風が吹いたり止んだりでなかなかキャストが決まらない。ルドラからいったけど、スローフローティングを持ってきてしまったのに気がつく。バリソンに変更して何度かピンポイントにっ!
・・・・・
浅めに引いたり、深めに引いたりしてもやっぱり反応はない。

ここで一旦場所を休める。無理してキャストするとコントロールが疎かになってルアーロストするので・・・

リズムを思い出すためにネコソギで再開してみた。
地味沖に移動しながらも何度目かのピンへ投入。
「ガン!」と来たあとに即合わせでかなりの手応え。スラップも結構曲がって丁寧にやりとり。。。寄せて来て魚が見えた・・・
「やばいフック一本だ」と思った瞬間に、この季節にジャンプ!
冬なのに・・・ジャンプ・・・!
霙降ってるのに・・・ジャンプ!
ネコソギに写真の勲章をつけて、サヨーナラ!

IMG_5177

テールから食ってきたみたいです。どうしてもデッドスローで引いてるとフックが下にぶら下がってしまうので、次からは下の写真みたいにテールに引っ掛けるように対策してみます。(毎回チェックは面倒ですが・・・)

IMG_0921

よく見るとフックも伸ばされてますね・・・次回までに交換しておかないと。
初アップは逃がしてしまいましたが、ネコソギのリズムは確認出来たのでよしとしておきます。坊主率ただいま75%!(笑)

2017/01/09

三連休の最終日・・・懲りずに出撃
20170109
風:南西 2~5m→無風 気温:8→6℃

天気予報では爆風予報だったけど、現地に着くと風はそうでもない。これはチャンスかも?と思って、久々にスラップショットでビッグベイトをやってみた。
丁寧に探るも・・無、無、無・・・・
キワを探ったり、やや沖側を探ったり・・・
深さを微妙に変えてみたり・・・

ビッグベイトはありか?なしか?の要素が大きいので仕方ないんですけども(^^;
折り返し地点で「コ!」とキスバイトがあっただけ。

そのあとは南西の風がやや強くなって、底よりも中層を意識して巻いてみたけど無!無!この辺りから釣りが雑になり始めて・・・ネコソギが殉職(> <;
沖目に投げたので、救助しようもなくサヨーナラ

そのあとも特に何もなく、風も止まったので終了しました。

今期初のビッグベイトでリズムを掴みきれなかったのかもしれないです。自分では意識してたつもりだけど・・・乗り切れずに終わった感じ。
次回の対策は今のとこはあんまり思いつかないので重症かもしれない。
風がなかったらミノーに戻すけど、風がそこそこ吹いた時はどうするか考えものです(笑)
まぁ、こんな感じで悩むのが冬の釣りなんですけどね(^^;

【結果】
キスバイト×1:ネコソギ

2017/01/07

20170107
三連休ってことで正月気分が残ってるうちに出撃してきました。
気温:5〜3℃ 風:無風 放水量:50m3/s

先日は入れなかった東岸Aに到着。
ビッグベイトする予定でしたが、風が無風で厳しいと判断して
ミノーベースに変更。

サイレントキラー改から打ち始めたけど、手前まで戻って来る時には表層を浮いてるようだ。再調整も面倒なので、バリソンミノーに変更して丁寧に引いてみる。
しばらくは投げてみたけど、微妙に底の岩にあたるので「もう少し上か?」っとルドラに変更。3投目に「コン!」とあたって、ゆっくり上がってきたのは45くらいの魚。
岸から4、5mくらい沖でのヒットでした。
2017年初バスは40upから始まりました。まずは1月の東岸で1匹釣れたので目標に近づきました(^^)/

IMG_4920

そこからも丁寧に撃っていくが戯れるようなバイトが1つあっただけで終了です。

魚のあたり方とか水の冷たさを感じて、もう冬モードに突入したかな?っと思う日でした。釣れた魚の引きも若干鈍くなってる様子。
ボトムは全く撃たず、中層の微妙なレンジ調整がうまくいったのかな?

次はサイレントキラーの調整をもう少し沈み気味で挑戦したいと思います(^^)

2017/01/04

あけましておめでとうございます。
ってことで、2017年を占うべくして出撃してきました。
当面の目標は、東岸で1月に1本、2月に1本釣ることデス

20170104
風は北からの微風~5m 気温:8~9℃

東岸A:正月休みだからか、先行者ありで断念。
一番釣れそうなポイントだったので残念~

東岸B:なーんにもない。終わってましたw

東岸C:しばらく間があいたポイント状況を見るだけでも。。とルアーを投げる。
バリソンミノーF改・バリソンミノーSP・サイキラで中層2分割しながら、底はSBRでフォローしていきましたが、反応は得られず。
沖側の底にはまだ枯れかけのウィードが残っている状態。せめてウィードが固まってくれていたら・・・悪い感触もないけど良い感触もなく微妙な感じなので移動。

西岸F:ここで釣りはじめたあたりで風が強くなり始める。ミノーとサイキラを投げるも反応はなし。
ボトムもスコーン3/16でチェックしても反応なし。以前はかなり濃くあったウィードもかなり減り気味だけど、底にはそこそこ残ってる感触あり。
ウィードのつらを狙いたいとこでしたが、バリソンF改は深さが足りず、バリソンSPだと深すぎる。サイキラは狙いすぎて殉職。ルドラを試すべきだったかも。
きわでキスバイトがあったけど、合わせることは出来ず・・・小さいコッって感じのバイトは試行錯誤しましたが、まだ正解見つかりません。

さて、冬も本番近くなってきました。次はなんとか一本捕りたいとこですが・・・

愉快な仲間達杯レビュー

「愉快な仲間達杯」参加者のみなさん、そして運営のワラサさん、お疲れ様でした!
Twitterでお礼を言うのもいいんだけど、たまたま優勝出来たのもあって、当日自分が考えた作戦を記しておこーと思います。個々それぞれ、どういう風に考えるかは別として、何を考えてどう行動したかは参考になるかもしれないので・・(笑)

1.大会前の考察

・水温低下が続いていた
水温
10月3日に24.8度あった水温が当日には22度まで下がり続けていた。

・放水量の減少
前日までの放水量は150m^3/s、当日の10/15は15m^3/sになっていた。プラスともマイナスとも取れる状況。

・当日の天気
快晴で外気温はかなり暖かめで風もほとんどなし。

【考えたこと】
水温が安定していない+放水量の減少で、出来るだけディープに隣接したシャローを狙う。当日までの活性はそんなに高くないようなのでサスペンドミノーを中心に組み立てる。
日中は暑かったので早めの時間に勝負する。

2.ポイントの選択
考えていたのは東岸2ヶ所を中心にしてバックアップで西岸2ヶ所です。
■候補ポイントの特徴:
・東岸1ヶ所目
変化は少なめですが、他のポイントと比べると若干深め。カナダ藻エリアなのでウィードが飛んでくれたらチャンスかも?と思って選択。
・東岸2ヶ所目
かなり変化に富んでいて、実績も十分。近場にディープエリアもあるけど、前情報ではウィードで釣りにくい状況。
・西岸1ヶ所目
冬のポイントで近くにミオ筋があり、前回厳しいなか1匹釣れた場所。週末+移動時間を考慮してバックアップ。
・西岸2ヶ所目
春のポイント。ストラクチャーを境にディープエリアがあるポイント。ポイントが狭い+週末+移動時間を考えて最終手段。

■実際のポイント
・東岸一箇所目
漂着ウィードで狙っていたポイントはほとんど全滅でした。
カナダ藻が思ったより残っていて、サスペンドミノーは機能せずにトップを中心に探る。ノーシンカーでバイトは何回かあったけど、サイズは期待出来ないと感じた。
投げたルアーの割合は:
ダッジ:80%
フラッシュミノー:5%
デスアダー6:15%(バイト有)

・西岸1ヶ所目
漂着ウィードで足元が埋まっている状況。投げるポイントには漂着なし。
サスペンドミノーを数投すると足元のウィードがかなり重い。そこそこサイズが来ると捕れる自信がないのであきらめる。
投げたルアーは:
デスアダー6:1投
フラッシュミノー:2,3投

・西岸2ヶ所目
エビ藻が多いポイントで右手にブレイクがあるポイント。
漂着+ウィードが濃いために1投もせずにあきらめる。

・西岸3ヶ所目
個人的に秋の実績は全くないので迷ったあげくに決めたポイント。ただ、隣接したディープだけを信じて決めただけ。
到着早々にフラッシュミノーで40あるなしを釣る・・が、写真を撮るときにポロリ(笑)足元悪いんだよね。。ここ。
このときにここで粘ることを決めました。ウィードなしでサスペンドミノーの釣りが出来るから・・理由はそれだけです。
30分程度休めて、デスアダー6。底を攻めるがノーバイトなので、スイミング気味で子バスのバイト、そして40中盤をかける。ストラクチャー際なのでラインを出せなかったのが敗因。
ポイントをさらに休めて、サスペンドミノー。キャストが決まって、ゆっくり巻くと吸い込みバイト。ストラクチャーから離してあとは慎重に寄せて何とかゲット。魚を掴むまでは心臓バクバクでしたw

投げたルアーの割合は:
・フラッシュミノー:70%(2バイト)
・デスアダー6:30%(4, 5バイト)

20161016

【まとめ】
この時期はあんまり釣りをしてないのですが、漂着ウィードを計算に入れないとダメってことは分かりました。
釣りかたについては、当日デス6のずる引き・放置はバイトなかったので、底から30~50cmの中層レンジに的を絞って釣りました。全体的にはストラクチャー際(ウィード際含む)に投げないとバイトが出ない状況でキツメの日だったと思います。

参考になるかは分かりませんが自分の考えたこと・やったことを出来るだけ細かく書いてみました。参加者の方で質問がある方はTwitterで聞いてください。

2016/06/23

時間:17:30-21:30
天候:曇り 気温:32℃
水位:-16cm 濁り:なし 風:西の風4m

【怪しいポイント】
昨日のリベンジということで仕事終わってから出撃したよ
・フックポイントを綺麗に研ぐ
・ラインをフロロに変更

到着そうそうに特豆が出た。それからは釣り人が来る・・
微妙な立ち位置を気にしながらも、その人の横2mくらいで
ポコッ!と出た。慣れたラインにしっかり研いだフックポイント
何も心配せずに上がってきたのは体高の高いこの子

20160623-1 - 1

こういう時に限ってメジャーを忘れる。釣り場にいた人に借りて
何とか撮影(^^;

しばらくしてから、同じようなポイントでこの人
20160623 - 1

またまたメジャーを借りて撮影

そして最後にバコーン!と出たのは久々の60デス
20160623 - 2

□サイズ:特豆、54, 57, 61
□ルアー:ダッジ

【まとめ】
たまたまタイミング良く釣れた1日
昨日の反省が見事に生かされた日だった