デッドスローミノーイング④

冬モードに突入していよいよデッドスローミノーイングも本番を迎えました。
数人の知り合いがデッドスローに今年から挑戦していて、釣れた人・アタリがあった人・まだ釣れてない人・・・と色々のようです。

やはり一番辛いのはアタリもないパターンですね。元々冬はアタリが少ないところに新しい釣り方をすると、「ほんまに釣れるの?」って言う疑心が沸いてきます。そこにプラスアルファーで我慢して低速で探るので余計に嫌になってしまう・・・

今日は自分なりに探るポイントを整理してみます。

・ストラクチャーの際
障害物の際は冬は魚がじっと待機していることが多いです。エリ・取水塔は琵琶湖でも人気ポイントになっています。特に取水塔は水深が変化するかけ上がりに設置されているので魚が留まることが多いです。
 取水塔の横数センチを通すようにして、ゆっくり丁寧に探ってみてはどうでしょうか?
問題は数センチを通せるかどうか?になるので、延々と探りたくない+コントロールにある程度自信がある人はおすすめです。湖西はたくさんの取水塔があるので、車を走らせながら5,6個の取水塔を探れば、反応があると思います。

・ウィードの際
いまの時期(1月・2月)に緑色のウィードの塊を見つけたなら、是非ともそこに投げてみて欲しいです。ウィード狙いで良いところは、ストラクチャーとは違って、コントロールミス→ルアーロストにならないのでリラックスして望めます。注意しなければいけないのは、荒れた後は極端に減ったり無くなったりすることがあります。一番の難関は青々とした1~2m範囲のウィードの塊を見つけることです。逆に見つけられたら、激アツポイントの可能性が高いですヨ。

・地形の変化(リップラップのくずれ)
先にあげた二つはキャストが難しかったり、見つけるのが難しかったりですよね。
リップラップの崩れたところやその周辺に転がっている石もあって、良いポイントになります。
ただ明確に崩れたところや、岩の位置までは中々意識していないと分からない場合も多いです。つまりはピンポイントではなくて、ある程度は探っていく釣りになります。
 ルアーロストの可能性やポイントが時期によって変わる可能性がない代わりに、範囲が広くなるイメージですね。こういうところを攻める場合は我慢と言う短所が付随します。

逆に言うと上にあげた要素を複数持つポイントを見つけた人が冬に安定した釣果を出してるのかもしれません。

■ポイントのまとめ
デッドスローミノーイングでの上にあげたポイントを自分なりにまとめてみました。
・ストラクチャー際
見つけやすさ ◎ 勝負の早さ ◎ スレやすさ × ルアーロスト ×
・ウィード際
見つけやすさ × 勝負の早さ ○ スレやすさ ◎ ルアーロスト ◎
・リップラップ崩れ
見つけやすさ ○ 勝負の早さ △ スレやすさ ○ ルアーロスト △

近場のポイントで回数を稼げそうな人ならリップラップをやりながらもウィードを探す方法がお勧めかもしれません。機動力がある人は取水塔際をチェックしながらも、ウィードや周りの大きめの石を探す方法がおススメでしょうか。
寒いけど・・・出来るだけたくさんの魚が付きやすそうな要素があるところに通い込んでみてください。「コン!」と重みのあるアタリがあると寒さが気にならなくなります!

羽根モノを使うところ

やっと台風がやって来て少し涼しくなって来ましたネ。
今回は羽根モノの入門編について書いていこうと思います。
僕が羽根モノを本格的に使い始めたのは2015年からなので
まだまだです。
羽根ものを良いところは:
・短時間で比較的広い範囲が探れる
・ロッドアクションで疲れにくい(ペンシル・ポッパーは大変)
・ゆっくりと巻ける
です。2番目の疲れにくいって言うのはぼくにとっては重要な
ポイントだったりしますw

・アクション
羽根モノ=虫系のイメージが強いですが、琵琶湖で使う場合
は溺れる小魚を想像して動かしています。
元気な魚じゃなくて、弱った魚がもがくイメージと言った方が
わかりやすいでしょうか?
自分のアクションは基本があって、羽根が動くか動かないかって
言うところのスピードをベースにしています。具体的な羽根もの
の例で言うとダッジで1回転8秒くらい、ポンパドールで1回転5秒
程度です。
上記をベースにして、早く巻く・ストップ&ゴー・放置なんかを
組み合わせていきますが、1投目はゆっくりと丁寧に巻くだけです。

・狙いところ
狙う場所はとりあえず魚を捕りたい場合は岸際で特に水あたりが
良さそうな岬・カーブした出っ張りなんかを意識して投げることが
多いです。岸際は特に着水地点で来ることも多いので、ルアーが
落ちた瞬間にアタリがあると想定しているとびっくりあわせは少なく
なるはず。
ウィード際も良いポイントですが、夜だと際にキャストするのが難しく
なり、横風があると更に困難になります。立ち位置とウィードの位置
を確認してから投げる必要があります。
際よりも攻略しやすのが水面まで伸びきっていないウィードの上を
通すことです。明るいうちに確認する必要がありますが、キャストも
容易で見落としがちなポイントなのでお勧めの狙いところです。
ただし、水位やウィードの育成によってポイント自体が変わってしまう
ので釣行回数の少ない人は難しいかもしれないです。
あとは過去に書いた地形変化や複合したポイントを諦めずにキャスト
することでしょうか?