デッドスローミノーイング④

冬モードに突入していよいよデッドスローミノーイングも本番を迎えました。
数人の知り合いがデッドスローに今年から挑戦していて、釣れた人・アタリがあった人・まだ釣れてない人・・・と色々のようです。

やはり一番辛いのはアタリもないパターンですね。元々冬はアタリが少ないところに新しい釣り方をすると、「ほんまに釣れるの?」って言う疑心が沸いてきます。そこにプラスアルファーで我慢して低速で探るので余計に嫌になってしまう・・・

今日は自分なりに探るポイントを整理してみます。

・ストラクチャーの際
障害物の際は冬は魚がじっと待機していることが多いです。エリ・取水塔は琵琶湖でも人気ポイントになっています。特に取水塔は水深が変化するかけ上がりに設置されているので魚が留まることが多いです。
 取水塔の横数センチを通すようにして、ゆっくり丁寧に探ってみてはどうでしょうか?
問題は数センチを通せるかどうか?になるので、延々と探りたくない+コントロールにある程度自信がある人はおすすめです。湖西はたくさんの取水塔があるので、車を走らせながら5,6個の取水塔を探れば、反応があると思います。

・ウィードの際
いまの時期(1月・2月)に緑色のウィードの塊を見つけたなら、是非ともそこに投げてみて欲しいです。ウィード狙いで良いところは、ストラクチャーとは違って、コントロールミス→ルアーロストにならないのでリラックスして望めます。注意しなければいけないのは、荒れた後は極端に減ったり無くなったりすることがあります。一番の難関は青々とした1~2m範囲のウィードの塊を見つけることです。逆に見つけられたら、激アツポイントの可能性が高いですヨ。

・地形の変化(リップラップのくずれ)
先にあげた二つはキャストが難しかったり、見つけるのが難しかったりですよね。
リップラップの崩れたところやその周辺に転がっている石もあって、良いポイントになります。
ただ明確に崩れたところや、岩の位置までは中々意識していないと分からない場合も多いです。つまりはピンポイントではなくて、ある程度は探っていく釣りになります。
 ルアーロストの可能性やポイントが時期によって変わる可能性がない代わりに、範囲が広くなるイメージですね。こういうところを攻める場合は我慢と言う短所が付随します。

逆に言うと上にあげた要素を複数持つポイントを見つけた人が冬に安定した釣果を出してるのかもしれません。

■ポイントのまとめ
デッドスローミノーイングでの上にあげたポイントを自分なりにまとめてみました。
・ストラクチャー際
見つけやすさ ◎ 勝負の早さ ◎ スレやすさ × ルアーロスト ×
・ウィード際
見つけやすさ × 勝負の早さ ○ スレやすさ ◎ ルアーロスト ◎
・リップラップ崩れ
見つけやすさ ○ 勝負の早さ △ スレやすさ ○ ルアーロスト △

近場のポイントで回数を稼げそうな人ならリップラップをやりながらもウィードを探す方法がお勧めかもしれません。機動力がある人は取水塔際をチェックしながらも、ウィードや周りの大きめの石を探す方法がおススメでしょうか。
寒いけど・・・出来るだけたくさんの魚が付きやすそうな要素があるところに通い込んでみてください。「コン!」と重みのあるアタリがあると寒さが気にならなくなります!

2017/01/10

昨日は散々な目に遭いながらもまたまた出撃

20170110
風:西2-3m? 気温:9℃ 19:30-21:30

ネコソギのフロートを入念にチェックしてから開始!
ヒットポイントのキワに何投か投げるけど、魚の反応は全く無し。この場所は比較的勝負が早いんで、これはノーバイトも覚悟かなっと想像。。。
フォローにデス8を投げたけど、やっぱり反応はない。
扇状に投げながらもウィードの状態を確認してみた。去年よりはウィードが残っていてタイミングが合えば釣れる感じがする。ちなみに去年はすってんてんで何も残ってなかったです(^^;

若干休ませてミノーを投入。風が吹いたり止んだりでなかなかキャストが決まらない。ルドラからいったけど、スローフローティングを持ってきてしまったのに気がつく。バリソンに変更して何度かピンポイントにっ!
・・・・・
浅めに引いたり、深めに引いたりしてもやっぱり反応はない。

ここで一旦場所を休める。無理してキャストするとコントロールが疎かになってルアーロストするので・・・

リズムを思い出すためにネコソギで再開してみた。
地味沖に移動しながらも何度目かのピンへ投入。
「ガン!」と来たあとに即合わせでかなりの手応え。スラップも結構曲がって丁寧にやりとり。。。寄せて来て魚が見えた・・・
「やばいフック一本だ」と思った瞬間に、この季節にジャンプ!
冬なのに・・・ジャンプ・・・!
霙降ってるのに・・・ジャンプ!
ネコソギに写真の勲章をつけて、サヨーナラ!

IMG_5177

テールから食ってきたみたいです。どうしてもデッドスローで引いてるとフックが下にぶら下がってしまうので、次からは下の写真みたいにテールに引っ掛けるように対策してみます。(毎回チェックは面倒ですが・・・)

IMG_0921

よく見るとフックも伸ばされてますね・・・次回までに交換しておかないと。
初アップは逃がしてしまいましたが、ネコソギのリズムは確認出来たのでよしとしておきます。坊主率ただいま75%!(笑)

2017/01/09

三連休の最終日・・・懲りずに出撃
20170109
風:南西 2~5m→無風 気温:8→6℃

天気予報では爆風予報だったけど、現地に着くと風はそうでもない。これはチャンスかも?と思って、久々にスラップショットでビッグベイトをやってみた。
丁寧に探るも・・無、無、無・・・・
キワを探ったり、やや沖側を探ったり・・・
深さを微妙に変えてみたり・・・

ビッグベイトはありか?なしか?の要素が大きいので仕方ないんですけども(^^;
折り返し地点で「コ!」とキスバイトがあっただけ。

そのあとは南西の風がやや強くなって、底よりも中層を意識して巻いてみたけど無!無!この辺りから釣りが雑になり始めて・・・ネコソギが殉職(> <;
沖目に投げたので、救助しようもなくサヨーナラ

そのあとも特に何もなく、風も止まったので終了しました。

今期初のビッグベイトでリズムを掴みきれなかったのかもしれないです。自分では意識してたつもりだけど・・・乗り切れずに終わった感じ。
次回の対策は今のとこはあんまり思いつかないので重症かもしれない。
風がなかったらミノーに戻すけど、風がそこそこ吹いた時はどうするか考えものです(笑)
まぁ、こんな感じで悩むのが冬の釣りなんですけどね(^^;

【結果】
キスバイト×1:ネコソギ

2017/01/07

20170107
三連休ってことで正月気分が残ってるうちに出撃してきました。
気温:5〜3℃ 風:無風 放水量:50m3/s

先日は入れなかった東岸Aに到着。
ビッグベイトする予定でしたが、風が無風で厳しいと判断して
ミノーベースに変更。

サイレントキラー改から打ち始めたけど、手前まで戻って来る時には表層を浮いてるようだ。再調整も面倒なので、バリソンミノーに変更して丁寧に引いてみる。
しばらくは投げてみたけど、微妙に底の岩にあたるので「もう少し上か?」っとルドラに変更。3投目に「コン!」とあたって、ゆっくり上がってきたのは45くらいの魚。
岸から4、5mくらい沖でのヒットでした。
2017年初バスは40upから始まりました。まずは1月の東岸で1匹釣れたので目標に近づきました(^^)/

IMG_4920

そこからも丁寧に撃っていくが戯れるようなバイトが1つあっただけで終了です。

魚のあたり方とか水の冷たさを感じて、もう冬モードに突入したかな?っと思う日でした。釣れた魚の引きも若干鈍くなってる様子。
ボトムは全く撃たず、中層の微妙なレンジ調整がうまくいったのかな?

次はサイレントキラーの調整をもう少し沈み気味で挑戦したいと思います(^^)

2017/01/04

あけましておめでとうございます。
ってことで、2017年を占うべくして出撃してきました。
当面の目標は、東岸で1月に1本、2月に1本釣ることデス

20170104
風は北からの微風~5m 気温:8~9℃

東岸A:正月休みだからか、先行者ありで断念。
一番釣れそうなポイントだったので残念~

東岸B:なーんにもない。終わってましたw

東岸C:しばらく間があいたポイント状況を見るだけでも。。とルアーを投げる。
バリソンミノーF改・バリソンミノーSP・サイキラで中層2分割しながら、底はSBRでフォローしていきましたが、反応は得られず。
沖側の底にはまだ枯れかけのウィードが残っている状態。せめてウィードが固まってくれていたら・・・悪い感触もないけど良い感触もなく微妙な感じなので移動。

西岸F:ここで釣りはじめたあたりで風が強くなり始める。ミノーとサイキラを投げるも反応はなし。
ボトムもスコーン3/16でチェックしても反応なし。以前はかなり濃くあったウィードもかなり減り気味だけど、底にはそこそこ残ってる感触あり。
ウィードのつらを狙いたいとこでしたが、バリソンF改は深さが足りず、バリソンSPだと深すぎる。サイキラは狙いすぎて殉職。ルドラを試すべきだったかも。
きわでキスバイトがあったけど、合わせることは出来ず・・・小さいコッって感じのバイトは試行錯誤しましたが、まだ正解見つかりません。

さて、冬も本番近くなってきました。次はなんとか一本捕りたいとこですが・・・