水温グラフの見方 [Vol.1]

今日は水温グラフの見方について語ってみます(笑)

元々この水温グラフは冬の低水温時の参照情報として作成をはじめました。冬の雪しろが北から流れ込むと魚の反応がしばらく止まります。そうでなくとも、冬はアタリが少なく我慢の釣りが多いので、少しでも好条件の時に琵琶湖で釣りたい・・・そのための判断指標が欲しかったからです。

そして今年からTwitterで自動的にグラフを表示するようにしました。説明が不十分なところもあって、「どう見たらいいか、わからん!」との声もあるので今回説明をしてみます。

Cu9-uF_UkAELUnu

まずは上のグラフです:赤い線が前日の水温で、青い線が当日の水温になります。青い線が上にある場合は前日と同じ時刻よりも水温が上昇していると言うことです。
このグラフでは赤い線・青い線がほぼ重なっていて、2日間では水温が安定しているのがわかると思います。やや強引ですが「水温が安定している」+「風有り・天候の崩れる前」は好条件だと思っています。

そして、下のX軸の時刻に注目してみてください。基本的には昼の14時から夕方5時くらいまでは水温が上がる傾向にあります。また夜は9時くらいから朝8時くらいまで水温が下がる傾向があります。逆にそういう傾向でない場合は雨・風・雪の影響が含まれていると考えて良さそうです。

次のグラフは水温だけで考えると厳しい状況のものです。
CuhcP1cUkAEB-5z
赤線は前日で青線は当日でしたよね。
例えば、青線の7時くらいに釣りに行っていたと仮定します。赤線の16時くらいが23.4度くらいで青線の7時くらいが22.4度・・つまりは水温が1度下がっていることになります。前日から当日にかけてほとんど水温が上がることなく下がり続けているのが見てとれます。

おかっぱりの場合はシャロー(0.5~2mくらい)がターゲットだと思いますが、そのような場所では水温の変化はもっとある場合が多いです。なので、例えば出来るだけ深場、ウィードの中、ストラクチャーの際を集中的に攻める戦略が取れます。事前に戦略が絞れると持参ルアーも変わるのではないでしょうか?

逆に釣れなかった日は天候は覚えていることも多いです(無風とか冷え込みなど)。でも、その日前後の水温変化を覚えてる人は少ないと思います。これはそのためのグラフで自分が釣りに行った時の水温変化を確認出来ます。もちろん、画像をコピーしてブログに貼り付けることも有効です。そのためにグラフを画像化してTwitterにアップロードしています。

以上、簡単な水温グラフの見方のヒントを記述してみました。リクエスト・質問があればコメントもしくはTwitterにお願いします。

では、良い釣りを~

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *