フォームを作成する(3DCADでルアーを作ろう)

寒い日が続きますんで、今日もルアーを作っていきます。
前回は簡単な図を回したり、移動させたりするだけでした。
今日はいよいよルアーの形を作成していきます。

「スケッチ」→「スケッチを作成」→「スプライン」を選択して、下の図のような感じで描いてみます。
線を描き終わったら、ダブルクリックで線の描画が終了です。
これは作成するルアーの背骨になる部分で、次のステップで肉をつけます。

0206-1

次に「作成」→「フォームを作成」を選択して、先ほど描いたスプライン線を選択します。
そして、「作成」→「パイプ」を選ぶ。

0206-2

パイプが作成されて、ダイアログが表示されます。(この図では中央やや右下)

0206-2-1

ここのパラメータ設定は大切なので、個別に説明していきます。
断面タブでは設定するパイプの形とおおまかなサイズを設定します。
ここでは「全体直径」を15.0mmにしています。10mmなどにするとパイプの直径が小さくなります。
次にグローバル設定の「表示モード」は右側のまるっこい四角を選んでください。角張ったパイプから丸いパイプに変更されます。

0206-2-2

次に終端の形を設定します。「終端タイプ」は正方形かスパイクを選択。
普通のルアーを作るときは正方形がおすすめです。

0206-2-4

「セグメント」では密度のスライダーバーを動かしてみましょう。
パイプの分割数が変わるはずです。ルアーを作成する場合は4~6くらいがおすすめです。
数が多すぎると調整が大変になるので、注意が必要になります。

0206-2-5

パラメータの設定が終わったら「OK」ボタンを押します。
先日記述したやり方で出来たフォームを移動させたり、回転させてみてください。
何回もいいますが、移動や回転はとても大事な操作なんです。

0206-2-6

さて、今回の操作を動画にしておきました。最後の方は次回やる内容も含まれているので
物足りない人は予習ついでに参考にしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *