自前ルアーを作り始めて思ったこと

今年に入って自前のルアーを作りはじめました。
そこで思ったことを備忘録変わりにつらつらと書いてみたいと思います。

元々の発端はある市販ルアーが中々買えないんで、それだったらコピーを作ってみよか?みたいな安易なすけべ心から始まったんです。
でも、それらのコピールアーの進捗は全く進んでません。一つは一番使いたいシーズンが終わってしまったし、もう一つはまだ数ヶ月先まで使わない。
その反面、お試しに作ったクランクが思いの他奥が深くって、色々試したくなったのが正直なところです。いま作っているクランクは南湖東のシャローエリア限定で使うクランクです。
東のリップラップをゆっくり目に巻いても底を叩けるクランクが欲しかったので
ウェイトは重め・スローリトリーブでもヒラをうたせることが出来るんです。
こういうアクションのルアーが欲しいって思って作ったルアーなので、
自分ではそれなりに気に入ってますが、一般的にはあまり受けは良くないと思います。

じゃ、市販されているルアーの何処がすごいか?ってとこなんですが・・
1.それなりに何処でも使えるように仕上げてある
2.誰でも気分良く投げれる・引けるように作ってある
3.そのルアーを売って利益が出るように生産してある

たいていの人が知っているバイブレTNを例にして書いてみます:
1.それなりに何処でも使えるように仕上げてある
初夏のウィードシーズンまでは結構投げる人が多いですね。琵琶湖だけじゃなくて、ダムや野池でも結構投げられてるルアーだと思います。深さ10m以内だったら十分に釣れるルアーを作るのはすげーの一言です。

2.誰でも気分良く投げれる・引けるように作ってある
TNをは50・60・70とシリーズがありますけど、基本的にはブルブル感は強くもなく弱くもない感じ。でも、投げ続けても疲れもしないし、気持ち良く飛んで行ってくれる。
良くプロが飛行姿勢がどーのと言ってますが、気分良く飛ばせるって大切だなーっと思い直しました。

3.そのルアーを売って利益が出るように生産してある
自前ルアーを作り始めて一番思ったのはこれです。原価がいくらかは自分も分かってませんけど、300~500円くらいでしょうか?それくらいの価格帯に抑えて釣れるルアーを作るってかなり難しいって感じますね。市販のルアーの場合は金型だけで100万単位のお金が動くので原価を700円としても、2000個を売ってから利益が出始めるわけです。人件費諸々を考えると1万個くらい売れないと厳しいかもしれませんね・・・

逆に自前ルアーの良いところは:
コストに縛られずに、自分の好きな使い方やアクションを追求出来るってとこでしょうか。
あるポイントをこういう狙い方で攻略したいって言う考えがあると、自前ルアーは比較的作りやすいと思ってます。逆にそういう考えがないと手間と時間がかかる作業なので、あんまり向いてないかもしれませんね。
自分の場合は市販のルアーにないものを求めて、ルアーの形とかアクションを考える場合が多いです。まぁ、買えない場合はそれを模して作りますけど・・・(笑)

見本市なんかで新作として紹介されるルアーが市場に出るまで半年~1年かかるのは、利益が出るような生産方法を考える時間が大半だと思います。そのあたり考えると見本市で見たルアーを手早く作る方が時間的に早いかもしれませんね。

最後に大体の製作期間をちょこっと書いておきます。
・設計作業
CADでルアーの設計&3Dプリンター用の設定をします。修正時間含めると3日程度はかかります。
・3Dプリント出力
大体3~4時間。時間はかかりますが、自分が手を動かすわけでないのがミソ。
平日は3個が限界です(笑)
・やすり掛け・パテ埋め
2日程度。1個に付き20分程度でしょうか、パテの乾燥があるので2日は必要。
・コーティング時間
3日程度。セルロースでボディ強化・浸水防止する。これも実作業時間は短め。
・カラーリング時間
3時間くらい?色の調合やテンプレート作成する時間を考えたら1日はあっと言う間です。
・コーティング時間
2日程度。カラーリングした後のコーティングは塗料の種類にもよると思いますが・・・
・リップ&ヒートン付け
1日程度。取り付け後の乾燥時間が結構長いです。

目安としてはボディ出力に1週間、仕上がるまでに1週間は最低必要って感じですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *