水温グラフについて

水温グラフの見方について説明します。

【目的】
48時間前からの水温変位を知ることで、ポイントの選択やルアー選択の助けになるかも?と思いつき開発したのが始まりです。

【仕様概略】
Twitter投稿時間:8時・15時・21時
測定場所:雄琴沖のみ
グラフ測定時間:48時間分
放水量:グラフが投稿される時間の放水量
平均水位:グラフが投稿される時間の平均水位
水温グラフ:
赤線は48時間前~24時間前
青線は24時間前~グラフ投稿時間まで

【詳細記述】
一番上が測定場所でTwitterに投稿されるのは雄琴沖だけです。
他の水温グラフも表示可能です、詳しくは最後の【その他】を参照してください。
次のラインがグラフの測定開始時間と測定終了時間。
下のグラフを例にすると3/29 08:00~3/31 08:00までです。

グラフは赤線と青線で描画されています。
C8M6hKjUwAUwBZH

これは時系列で描画すると以下のような変化になります。
temp-total
このように横長にすると直感的に理解しやすくなりますが、画像が小さくなってしまうので2色の線を使って48時間分の水温変化を表しています。
考え方としては、青線が平均して赤線より上にあると水温が上昇傾向となります。逆に赤線が平均して青線より上にあると水温が下降傾向となります

【その他】
・他の計測場所
雄琴沖の他には、琵琶湖大橋・三保ヶ崎(浜大津周辺)・瀬田川(唐橋)の4箇所です。
グラフをみたい方は、こちらのリンクでお願いします。
琵琶湖大橋
 三保ヶ崎
 瀬田川
・グラフが表示されない時・点だけの時
たまにグラフが全く表示されず、画面が白い場合があります。これは計測元が定期メンテナンスを行うためで、メンテナンス時間・期間ともに不明です。それによって、データの連続性がなくなり、グラフ表示が出来なくなります。
解決方法として、グラフ表示の観点からはダミーデータを入れるなどの方法が考えられますが、メンテナンス期間が2日以上の場合にダミーデータのグラフ表示となってしまいます。このような理由からグラフが表示出来なくなる場合がありますのでご容赦ください。

・質問事項やリクエストなど
機能としては過去の水温グラフも表示することは可能ですが、スマートフォンで時間入力するのはどうかと考えてインターフェイスの実装がされていないだけです。
この水温グラフは運用開始してやっと半年が経ったところです。もっと使いやすくするための要望や質問事項がありましたが、コメントをお願い致します。

こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *