春のミノーイング

またまた半年ばかり更新間隔が空いてからのポストになります。
先週までは春の陽気で暖かかったですが、今週に入って関東は雪が降っているところもあるそうです。つまりは寒の戻りってやつですね。

2月末~3月初旬にかけてはクランクに良い反応が多かったんですが、中旬以降はあまり良い反応はありません。釣れないことはないけど、積極的な反応が少ないと言うか・・反応があってもテールフック1本だけの浅い掛かりが多いです。
クランクの反応が思わしくないので、サスペンドミノーを超スローフローティングにしてある程度の反応を得られています。

■使用ルアー&チューニング
・ルドラ130SP
・フラッシュミノー110SP

調べたところルドラは♯4サイズのフックが3本、フラッシュミノーは♯6サイズのフックが2本の構成になっています。スローフローティングにするため、ぼくの変更点はルドラは#5を2本に#7フックを1本に変えています。フラッシュミノーは♯7×3個の構成です。ヘッドについているスプリットリングは外して、ボンバダ♯1スナップと14lbフロロラインで超スローフローティングになります。(水温9~10℃)
水温が高くなると浮きすぎるので、その時は鉛シールを貼ると好みのレンジを探ることが出来ます。

チューニングの確認方法は1~2mの水深にキャストして、ルアーが底を叩くかどうか確認します。底を叩くようなら、潜りすぎなのでフックサイズを小さくする・鉛シールを軽くするです。ルドラは1.5m程度の深さまで達するようなので1.5~2.0m、フラッシュミノーは1~1.5mのところにキャストして確認しています。釣れない時間をうまく使ってぜひぜひやってみてください。

■基本アクション
アクションは本やビデオでプロの方がやってる方法よりかなり弱めのジャークになります。ルアーの頭が軽く振る程度にラインスラッグを利用して弱くゆっくり目を意識している感じ。アタリの多くはアクションを行った後のスティ時にコンと入るものが多いようです。
魚がいると思われるポイント(障害物の近く・地形変化の近く)ではスティ時間を長めにとっています。(約20秒程度)

■どのような状況で使っているか
風は無風~弱め、濁りはなし~少なめ、波はなし~弱め、天候は関係なし。どちらかと言うと湖面が静かな場合に良い思いをしたことが多いです。
水温が低下した時にもそれなりには効くと思います。

■今後使ってみたいこと

・ヴァルナSPEC2の導入
元々スローフローティングなので鉛シールを貼るだけで良さそうなのと、ラトルがないので静かな状況で効きそうなイメージ。

・鉛シールを貼る位置を変更
エバーグリーン菊本氏のブログにて鉛シールを貼る位置でアクションが変わる記述があり。リップしただとレンジが深くなって、テール側だと頭が振りやすくなるらしいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *