クランク4種のステータス・問題点

3Dプリンターが来てからかなりの数のルアーを出力しました。
没になったもの・ペンディングになったもの・・・色々ですが

いまのところは4タイプのクランクが残っています。

名前:akala-95 リップタイプ:設定中
重さ:1ozクラス
ステータス:未調整
実績:なし
手軽に投げれるクランクが欲しかったので作成。
ミディアム~スローリトリーブを想定してます。
IMG_0729

名前:hinahina-90 リップタイプ:ワイド 3mm
重さ:7/8oz
ステータス:要修正
実績:なし
フラットサイドクランクが高価だったので作りました。
ミディアム~ファーストリトリーブを想定。

修正事項:深く潜りすぎなので要浮力(ウェイトを一つ外す)
もう少しキビキビ動いて欲しい(リップを薄く、ワイドに変更)
IMG_0730

名前:alani-light(110)  リップタイプ:ショートワイド 3mm
重さ:1.5ozクラス(42g)
ステータス:要修正
実績:ニゴイ×1、40Up×1
alaniの改変版。ミディアム~スローリトリーブを想定。

修正事項:浮力を落とす(ウェイト追加)
ひき味が重い→長時間投げると疲れる
アクションは及第点だけど、浮力がありすぎてコンスタントに岩に当てられない。
IMG_0726

名前:alani-110 リップタイプ:ショートワイド 2mm→3mm
重さ:1.5ozクラス(45g)
ステータス:若干修正
実績:40up×6、50×1

ヒートン抜け発生(要19mm)
リップ折れ発生(修正済)
謎の浸水発生(修正済)
IMG_0671

■まとめ
なんだかんだと言いながらも、最初にデザインしたalaniが一番安定している。
アクション・浮力ともに自分のやりたかったことを8割出来てるので
しばらくはこれの微調整に専念する予定。
リップを2mmから3mmに変更したけど、やはり2mmの方がひき味は軽い。
2mmで折れない形を模索するべきか、3mmでひき味を軽くする調整をするか・・・
どちらを取るにせよ、どはまりしそうな予感がプンプン(笑)